HTMLとCSSを独学し仕事にする方法【初心者向け】

HTMLとCSSを独学し仕事にする方法

今回は簡単にこんなお題に回答したいと思います。

お題
●HTMLとCSSは独学で大丈夫か?
●HTMLとCSSはどうやって勉強するのか?
●HTMLとCSSを使った仕事をするには?

最近はWeb関係の仕事、、
「Webデザイナー」、「コーダー」、「フロントエンドエンジニア」、「バックエンドエンジニア」などなど。

よく聞くようになりました。僕の周りでも興味ある人が多くいます。

結論から言います!!
HTMLとCSSは独学でやっても大丈夫です。

HTMLとCSSを独学し仕事にする方法

フリーランス

結論は独学でやっても、フリーランスや会社員として仕事にすることは可能です。

勉強する方法は「独学」か「スクール」でしょうか。

今回は独学で仕事にするまでにフォーカスを置いて記事にします。

HTMLとCSSを独学する方法

独学する方法はいくつかありますが、何も知らない初心者でこれから勉強するならで話します。

一番ダメなのは、挫折し途中で諦めてしまうことなので。

Progateで独学

1番オススメはProgateです!

Progateには他にも数種類のカリキュラムがあり、
HTML、CSSが終われば他の言語も学ぶことができます。

なんといっても、一通りの基礎を体系的に学べます。
しかも図解が分かりやすいです。

「図解で学ぶ」→「実際にコードを書く」の流れなので、手を動かしながら学ぶとこができます。

本で独学

2番目は本で勉強するです。

本も一通り体系的に把握することができます。

大切なことは、読むだけではなく
実際にコードを書いてみましょう。

ネットで調べながら独学

最初のうちは難しいかもしれないのがこの方法です。
ですが、これができれば実際に仕事するときにも役にたちます。

実際、仕事をしていても分からないところはネット検索します。

この方法で独学した人は強いです。

HTMLとCSSを使う仕事を見つける

仕事は会社員として働くか、フリーランスで案件を獲得するかになるはずです。

どちらにも共通して言えることは下記です。

●作成したもの/勉強したことをアピールする
●応募しまくる

ま、2点ですかね。
できれば、独学しているうちにサイトの模写かデモサイトを作ってみると仕事は決まりやすくなります。

フリーで仕事を見つける場合は特に
見せれるものや実績がないので、案件に応募しまくるしかないです。

下記のものが有名です。

●クラウドワークス
●ランサーズ
●ココナラ

案件をみてみると、実績が鬼のようにある人たちばかりで、
「自分には無理だ」と感じるかもしれないですが、

応募するときの提案文次第です。

実績作りのために初めは受注金額を落とすのも考えてみてもいいかと思います。

まとめ

まとめ(本の絵)

今回は独学で、HTMLとCSSを使う案件の仕事をする方法を書きました。

僕は実際のところ、勉強はほぼしていない状態でWebの会社に入れた過去があります。

なので、独学をするために
この記事を最後まで読んだあなたは、仕事を探している時の僕より確実に上です。

質問等は「お問い合わせ」から連絡もらえれば、極力回答したいと思います。

〈そろり兄やん〉
それでは!!
今日はここまで!!また!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA