プログラミング

プログラミングの独学でオススメの方法とオススメの言語【初心者】

2020年6月24日

困ったさん
プログラミングを学びたいけど、、、どうする?

今回はこういったテーマで書きます。

この記事の内容

  • プログラミングをどうやって独学するのか?
  • 独学でも大丈夫?
  • プログラミングのスクールに行った方がいい?
  • オススメの言語はなに?

 

この記事を書く前に僕のことを紹介しておきます。

現在、Web会社でフロントエンドエンジニアをしています。HTML/CSS/JSを使用したコーディングという業務もバリバリしています。

実際!!

プログラミングは独学でも稼げるようになります。

プログラミン独学でオススメの方法とオススメの言語

プログラミングのスキルを身につけて稼げるようになるのは実は簡単です。

どの言語を選択するかで、簡単のレベルは変わります。

また、やりたいことでも習得するべき言語は変わってきます。

プログラミングの思考はどの言語でも共通しているので、
どれか習得してしまえば、次の言語を学ぶのは比較的簡単になります。

プログラミングでオススメの言語

結論、Web開発言語です。

僕が、Web開発の仕事をしているので多少のひいきはあります。

Web開発言語を学べば、自由な場所や時間を気にせず仕事するのも可能です。

 

まず始めに学ぶべきなのは以下です。

  • HTML
  • CSS

 

理由としては初心者でも簡単な英語がわかれば、すぐに理解できてしまう点です。

おそらくコードをみたら、どのようなことが書かれてるかわかるはずです。

ちなみに、この2つはプログラミング言語ではありません。

「HTML」と「CSS」はマークアップ言語です。

この2つの理解がある程度進んだら、下記の言語がオススメです。

  • JavaScript
  • PHP

 

この2つはプログラミング言語になります。

なので、「HTML」に比べると難易度が上がります。

難易度が上がるということは
他人と差別化できるということです。

つまり、簡単にいえば、収入が増えます。

逆にあまりオススメではない言語は「Java」などのインフラの言語です。

Web屋なので偏見ではありますが。

インフラの仕事は自由な場所で働くということは難しいです。

必ず、現場にいないといけないとまでは言いませんが、
そこそこ自由度は減ります。

インフラをやりたい人のために、
インフラの仕事を目指すなら下記がオススメ言語です。

  • Java
  • Python
  • Ruby

最近、Pythonやり始める人多いですね。

プログラミングでオススメの独学方法

プログラミングは独学でも稼げるようになります。

僕はスクールには行ってないですが、Web開発の仕事をしています。

今回、独学でプログラミングを始める人!
もっと言えば、Web開発言語を独学する方にオススメの勉強方を教えます。

1.Progate

最初は本ではなく、プロゲートがオススメです。
プロゲートはネット上で学べるサービスです。

なので、実際に手を動かして、学ぶことができます。
その点では、本よりオススメになります。

プロゲートは下記にリンク載せておきます。

プロゲートのリンク
https://prog-8.com/

注意点としては、無料で見れるのは一部で
有料会員にならないと全てを見れないところです。

ただ、月額で1000円程なので
1ヶ月で集中し終わらせば、本を買うより安くなります。

2.サイトを模写する

プロゲートを何周もするのはオススメしません。

プロゲートの「HTML」と「CSS」の内容を全て終わらせた段階で、分からないところがあっても問題ないです。

サイトの模写をします。

ここで大切なのは出来る限り、見本のサイトに近づける事です。
そも時、分からないところがたくさん出てくるはずです。

それをプロゲートを見直したり、ググったりして進めてください

模写するサイトはなんでもいいのですが
企業のサイトだったり、ブログのページがオススメです。

3.知り合いのサイトを作る

もし知り合いにサイトを作って欲しい人がいるなら営業してみましょう。

でも、いなければ
この時点で転職したり次のクラウドソーシングで仕事を探して大丈夫です。

大事なのは、勉強の時間が長すぎるのは無駄!!という事です。

実践しなが勉強出来る環境に早く到達出来るようにするのが大切です。

4.転職またはクラウドソーシング

実際、お金にならない勉強をずっと繰り返していても完璧は訪れません。

実際の仕事を一つやる方がかなりレベルが上がります。

僕のオススメは、Web開発の会社に入ることです。

いきなりフリーランスでも稼げますが
会社に入るメリットはプログラミングの猛者と出会える事です。

その人たちと仕事することになるのですが、最初は付いて行けなくても
数ヶ月すればある程度、ついていけるようになってます。

でも、「会社に行けない!」「フリーで働きたい!」って方もいるでしょう。

その方は下記のようなサービスで仕事を探しましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

この2つなら大手なので、案件がいっぱいあります。

最初の1件をとるのに苦労しますが、
2件目からは、より簡単に案件を取得していけるはずです。

ぶっちゃけ、ここでもプログラミングの猛者に出会うことはあるので
その人を目標にしてスキルアップします。

まとめ:プログラミン独学でオススメの方法とオススメの言語

まとめ

プログラミン独学のオススメの方法でした。

意外にも下準備の時間は短く、すぐに仕事を探すのがオススメです。

プログラミングの学習は完璧を求めていたら、終わりがないです。

学校の勉強と違って、暗記はしなくていいです。
大事なのはプログラミングの考え方です。

コード自体はコピペでもOKなのです。

ずっとやっているとコピペしなくても出来る部分が増えてくるので
それまで気楽に行きましょう。

にぃやん
それでは!!良きプログラミングライフを。
  • この記事を書いた人
つちだ

つちだ ろい

現役のエンジニアです。日々Web制作に勤しみつつ、ブログ更新していきます。ポートフォリオ兼仕事依頼ページも同時に作成中ですのでご期待ください。/東京在住/30歳/フロントエンド/スノボ/バイク/オムライス

-プログラミング