Node.jsのバージョン管理をNodistでやる方法【Windows編】

設定

今回はWindowsでローカル開発環境を構築することがあったので、備忘録として以下の内容をお伝えします。

記事のテーマ
・Node.jsとは?
・Nodistとは?
・そもそも、なぜ開発環境が必要なのか?
・Windows機をWeb開発できるようにする
・npmを利用する

僕の記事には珍しいニッチな内容になりますが
必要としている人もいると感じたので記事にしました。

簡単に僕の紹介しておきます。

僕は現在、Web会社でフロントエンドエンジニアをしています。HTML/CSS/JSを使用したコーディングという業務もバリバリしています。

専門的すぎて詳しく書くと、意味不明になるかと思いますので
出来る限り、簡単に解説していきます。

Node.jsのバージョン管理をnodistでやる方法

「そもそも、なぜ?開発環境なんているの?」って思ってる人もいると思います。

一番の理由は
複数人で開発をするにあたり、それぞれ同じ環境を簡単に合われることです。

ある人は「Aとうバージョン」、ある人は「Bというバージョン」でやってると
動かない場合が出てきます。

簡単に合わせれると言ったのも事実で、最初に環境を作るときは多少の時間を要しますが、
2人目以降は「npm install」をコマンドで叩くだけになります。

Node.jsとは?

ローカル環境の前に軽く知識を入れておきましょう。

Node.js
サーバーサイドで動くJavaScriptです。

サーバーサイドで動く言語は他にも
・PHP
・Ruby
・Python
・Java
あたりが有名です。

Node.jsとはJavaScriptなんだと覚えておけば大丈夫です。

Nodistとは?

それでは、今回のメインのNodistについてです。

先ほどのNode.jsにはバージョンがいくつもあり、使ってる最中にも更新されています。

また、関わるプロジェクトによってはバージョンが違ったりもします。

その時
Ndistが役に立ちます。

Nodistがあれば、コマンドで簡単にNode.jsのバージョンを管理できます。

ちなみに補足として
Macの場合は「 Homebrew」になります。

Nodistのインストール

それではNodistをインストールしていきます。

以下のGitHubのリンクからインストールできます。

Nodistのインストール
https://github.com/nullivex/nodist/releases

最新の[NodistSetup-v○.○.○.exe]をインストールすればいいです。
インストーラの画面に従い実行します。

インストールができたか確認するコマンドが以下です。

nodist -v

バージョンが「○.○.○」のように表示されていれば成功です。

Node.jsをインストール

それではメインのNode.jsをインストールします。

まずは、インストール出来るバージョンを表示させてみます。
以下のコマンドを入力します。

nodist dist

すると一覧がめちゃ表示されます。

特にどのバージョンを使うか決まってない、指示がない場合は
最新版ではなく、安定版をインストールします。

安定版はバグも修正されていて安心して使用できます。

例えば「12.18.1」をインストールするならこうなります。

nodist + 12.18.1

そして、使用するバージョンを指定します。

nodist 12.18.1

自分がインストールしているNode.jsのバージョンを見るなら以下のコマンドです。

nodist ls

現在、使用しているNode.jsのバージョンを見るなら以下のコマンドです。

node -v

 

npmについて

Node.jsをインストールすると同時にnpmもインストールされています。

npmのバージョンを確認するのは以下のコマンドです。

npm -v

ここでローカル環境は構築されてるはずです。

あとは、2人目以降の方や
相手の環境に合わせたい場合は以下のコマンドを入力します。

npm install

終わり。

まとめ

これで、WindowsにWeb開発のローカル環境が整いました。

NodistはNode.jsのバージョンを簡単に管理してくれます。

Node.jsの公式から直接インストールすることも可能ですが
Nodistを使用したほうがいいと思います。

Macの場合は少し違います。
Windowsの場合の操作方法でした。

〈そろり兄やん〉
それでは!!
良き開発ライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA