プログラミング

WordPress【the_archive_title】の余分な「タグ:」を消す方法

WordPress【the_archive_title】の余分な「タグ:」を消す方法



にゃーきゃっと
「the_archive_title」を使用すると「タグ:」とか「カテゴリー:」とかが自動で前に付いてきて困ったな。


WordPressのテーマ開発には必須の「the_archive_title」の加工について書く!!
にいやん

この記事は下記の方に向けて書きます。

この記事の内容

・WordPressのテーマ開発でタグを出力したい
・WordPressのテーマ開発でカテゴリーを出力したい
・the_archive_titleを使用した時の余分な文字列を消したい
・「タグ:」とか「カテゴリー:」等を削除

ここでこの記事を書く僕のことを紹介しておきます。

現役のフロントエンドエンジニアをしています。現在はWordPress開発の仕事もしてるので、この記事の信用度も増してると思います。自分のサイトもテーマを自作しています。

WordPressの開発は慣れないうちは調べることが多くなりますよね。

調べる時間を削減するためにも
この記事ではなるべくわかりやすく説明していきます。

WordPress【the_archive_title】の余分な「タグ:」を消す方法

それでは、さっそく使用するコードです。

テーマ配下の「function.php」に下記のコードをコピペするだけ。

/* ---------------------------------------
the_archive_title 前に付く余分な文字を削除
--------------------------------------- */
add_filter( 'get_the_archive_title', function ($title) {
if (is_category()) {
$title = single_cat_title('',false);
} elseif (is_tag()) {
$title = single_tag_title('',false);
} elseif (is_tax()) {
$title = single_term_title('',false);
} elseif (is_post_type_archive() ){
$title = post_type_archive_title('',false);
} elseif (is_date()) {
$title = get_the_time('Y年n月');
} elseif (is_search()) {
$title = '検索結果:'.esc_html( get_search_query(false) );
} elseif (is_404()) {
$title = 'ページが見つかりません';
} else {
}
return $title;
});

「the_archive_title」の使用方法

あとは、使いたいページのファイルの箇所に下記のように書きます。

 PHP
<p><?php the_archive_title(); ?></p>

囲むタグは「h1」、「h2」、「p」、「a」とか何でもありで、普段HTMLを書く要領で問題ないです。

まとめ

上のコードを基本的にはコピペするだけで
「the_archive_title」の使用で余分な「タグ:」とか「カテゴリー:」とかを削除することができます。

「function.php」の操作は間違えると画面が表示されなくなるなどあるので注意して行って下さい。

にいやん
以上!! よきエンジニアライフを!!!
  • この記事を書いた人
つちだ

えんじ兄やん(えんにぃ)

現役のエンジニアです。日々Web制作に勤しみつつ、ブログ更新していきます。ポートフォリオ兼仕事依頼ページも同時に作成中ですのでご期待ください。/東京在住/30歳/フロントエンド/スノボ/バイク/オムライス

-プログラミング

Copyright© 2019-2021 そろりかく。 All Rights Reserved.