後悔しないためのブログタイトルの決め方【実在例から学ぶ】

ブログタイトル
悩んでいる人
ブログのタイトルを決めたいんだけど全然決まらないな。
何か、お洒落でカッコいいブログタイトルにしたいけどどのように決めるのがいいのかな??

 

こういった疑問を解決します。

僕は現在Webデザイナーの仕事をしていて、SEOの知識があります。デザイナーの仕事をする前はWordPressでブログやサイトをいくつか運営していました。そのため毎回、ブログタイトルを何にしようかと格闘した経験があります。

最初に僕の結論を述べておきます。
ブログのタイトルは自分が気に入るかどうかで決めて大丈夫です。

ただ、納得して決めないと気に入らない場合もあるでしょう。
その時はこの記事の続きを読めば大丈夫です。

また、SEOを気にするあまり変なタイトルになるのもNGです。


基本的にブログのSEOはコンテンツが大事なので、タイトルは自分の好きで決めて問題ないです。

それでは本題です。

1.失敗しないためのブログタイトルの決め方

この記事は、今まさにドメインを取得してブログのタイトルを決める時に大いに役立つように書きます。
でも、ブログタイトルはいつでも変更可能です。

なので、すでにブログを運営している方もこれを機にブログタイトルを変えてみるのもありです。

「12の項目」は良い例があれば、その都度更新していきます。

 

ドメインの取得は以下の記事も参考にしてみてください。
↓↓↓

お名前.comでドメインを取得しエックスサーバーで使用【方法】


以下の内容で進めます。
順番にお読みいただくのをオススメします。

1-1.ブログタイトルを決める手順
1-2.実例に習い決める方法
1-3.それでも決まらないときの解決策

1-1.ブログタイトルを決める手順

〈そろり兄やん〉
僕がブログタイトルを決める時の具体例を紹介します!!


必ずしもこの通りにする必要はないですし、
どれかを参考にする感じでも大丈夫です。

ブログのタイトル決める時の参考にしてもらうことは出来ます。

 

1-1-a.ブログのテーマを決める

どのようなブログを開設したいか決めます。
例えば、「雑記ブログ」なのか「専門的なブログ」なのか決めておきます。

テーマが決まっているとタイトルも自ずと決まりやすいです。

一度、
「何のために?」
「誰のために?」
を考えましょう。

じっくり考えてみてください。

 

1-1-b.思いつく限り書き出してみる

ブログのテーマが決まったら、テーマに対する言葉を書き出します。

頭の中で考えるのはNGです。

テーマに関係なくても、自分の好きなワードも書き出します。

多ければ多いほどあとで楽です。
できれば40〜50個は考えましょう。

 

1-1-c.組み合わせてみる

先ほど、書き出した言葉を組み合わせて新しい言葉を作ります。

参考までに良くブログで使用されているワードとしては以下のものがあります。

雑記ブログなら
〇〇ブログ
〇〇日記
〇〇マガジン
〇〇ノート
〇〇ラボ
〇〇研究所
専門的なブログなら
〇〇のダイエット
〇〇の子育て
〇〇のスキンケア
〇〇ファッション

ここで、「ブログのタイトル」と「ドメイン」が一致すれば更に良いです。


こんな感じです。

ドメインの例

他にも例えば以下の感じです。(.comの場合)

〇〇blog.com
〇〇diary.com
〇〇magazine.com
〇〇mag.com
〇〇note.com
〇〇lab.com
〇〇book.com
〇〇fashion.com

自分で造語を作るのもありです。造語なら無限に存在するので他人とも被りにくいです。

その時はタイトルの見た目や発音のしやすさ(響き)を意識すると覚えてもらいやすいタイトルになります。

ちなみに.com」はトップレベルドメインと言います。
他にも以下のようなトップドメインがブログで良く使われています。

トップドメイン 用途
.com 商業組織
.net ネットワーク
.jp 日本
.co.jp 株式会社
.org 非営利組織
.biz ビジネス
.info インフォメーション


用途は色々あるのですが好きなものを使用して大丈夫です。

悩んだら1番使用されているcom」「net」「jpあたりから選ぶといいです。

 

1-1-d.候補のタイトルを検索してみる

1-1-c」で決めた言葉の中から候補を絞り、その言葉をググってみましょう。

ここで見るべきポイントは以下の3点です。

  1. すでに他人に使われているかどうか

  2. 検索しやすいかどうか(ロマー次、平仮名、カタカナが混ざっていると検索しにくい)

  3. ドメインもセットで取得可能かどうか

最も重要なのは他と被らないこと!!
有名なサイトの1文字違いとかもしない方がいいです。(そのサイトを連想されるものは控えましょう)

 

1-1-e.客観的に見る

最後に決まったら、客観的に見てください。
できれば友達とかに見てもらうようにします。

ここで見るべきポイントは以下です。

  1. できる限り短いかどうか

  2. 覚えやすいかどうか

  3. テーマが推測できるかどうか

  4. 個性があるかどうか

全てを満たすものを考えるのは難しいです。
自分が納得できて気に入るタイトルが思いついたら、上の項目全てを満たす必要はないです。

 

1-2.実例に習い決める方法

タイトルの例

ここまででブログのタイトルを決める手順はわかったと思います。
しかし、中々決めれない場合は実例を参考にしましょう。

 

1-2-a.キーワードを入れている

ブログタイトルに自分のブログのテーマを表す言葉を入れた形です。
すぐにどんな内容が書かれているか把握されやすいです。

ただ、ここで気をつけたいことは
ダイエットブログなのにゲームの記事を書いたりするのは良くないということです。

そのブログの信用度も下がります。

1-2-b.自分の名前を入れる

自分の名前の1部または全部をタイトルにする形です。
有名人などに多い付け方です。

個人のブランディングが出来ている方やこれからする方に向いている付け方です。

個人の名前で検索されやすいので覚えてもらえたら強いです。

1-2-c.造語

何か複数のキーワードを組み合わせて新しい言葉を作る形です。

このタイプは無限に発見できるので
他人と被りにくいブログタイトルを付けることができます。

当サイトの「そろりかく。」も造語です。

1-2-d.メッセージにする

ブログタイトルにメッセージを込める形です。
文章のようなタイトルです。

印象が残るようにするにはセンスが必要です。

また検索ワードが長くなりますし、
ドメインも同一にするには長くなります。

1-2-e.短くする

できる限り短いタイトルにする形です。
例の中で1番難しい可能性があります。

理由は短いドメインはすでに取得されているからです。
ブログ名とドメインをセットで取得できない場合が多いです。

この例は思いついたら、最強です。

1-2-f.センス系

センスで勝負しインパクトを与え、訪問者に覚えてもらいやすいタイトルの形です。

ずばり、センスがある方はこのタイプで決めてみましょう。
タイトルだけでも大物に見せることが可能でしょう。

1-3.それでも決まらないときの解決策

ここまで来ても中々決まら場合もあるでしょう。
実際僕もこのブログ(そろりかく。)を決めるのに2種間くらい悩みました。

でもここで妥協して決めるのは後で後悔するので、どうぞ悩んでください。
ふと思いつくのがほとんどです。

そして他人と被らないか覚えやすいかなど調査しての繰り返しで決めていきましょう。

他の記事でよく「早く決めてブログを開始しましょう」みたいなこと書かれている時がありますが、
続かないと意味ないです。

自分のお気に入りのタイトルで始めれたら、続く可能性は高まります。

なのでブログをアップすることは出来なくてもやれることはあります。

それはタイトルを決めながらも、ブログで書きたい記事をwordやメモで下書きしておくのです。

タイトルが決まり、ブログを開始することができてから、
その下書き達をアップしていくのでも同じことです。

とことんタイトルは悩んでください。

ブログを開始する最初の段階です。
その段階でこだわれない人は挫折するかもしれないです。
その時が熱量が多いのは明らかなので。

まとめ

まとめ(本の絵)

これで内容は以上です。

何回も言いますが、ブログのタイトルは自分が気にいるかどうかを最優先で決めて大丈夫です!!

キーワドも気にせず決めましょう。
記事のコンテンツを充実させていけば大丈夫です。

そしてドメインは世界に1つだけ!
つまり同じものは存在せず、早いもの勝ちです。

タイトルのいい案が思いついたら、すぐドメインを取得しましょう。

一番オススメはエックスサーバです。以下の記事を参考にしてみてください。
↓↓↓

エックスサーバーの登録とキャンペーンドメインの設定方法【簡単】

以下に今回の大事なポイントをまとめます。

まとめ
●ブログタイトルはSEOを気にしなくていい
●ドメインとブログタイトルは気にいるかで決める
●ドメインは早い者勝ち
●覚えてもらいやすいかも考慮する
●じっくり考えて妥協しない

以上です。

〈そろり兄やん〉
それでは!
よきBlogLifeを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA